建設部門

鉄骨造とは

鉄骨造は、鉄の靭性(材質の粘り強さ)によって強度を持たせる構造です。耐震性に優れており、価格の面で、木造よりは高く、鉄筋コンクリート造よりは安価です。工期は木造と同程度ですが、工場で材料となる鉄骨を作成するため準備期間が必要になります。

また、建物の重量が重たくなりますので、建築を計画している地盤が強固である必要があります。地盤に不安がある場合は、あらかじめ補強をして強固にしておかなければいけません。鉄骨造ですが、厚さ6mmを超える鋼材を用いる“重量鉄骨造”と厚さ6mm未満の鋼材を構造体に用いる“軽量鉄骨構造”の2つに分けられます。

重量鉄骨造とは

重量鉄骨造とは厚さ6mm以上の鋼材を使用して、柱と梁を強固に接合(剛接合)するもので、柱と梁で構成するラーメン構造が一般的です。剛接合とは、外力を受けても接合部が変形しないことから頑丈な構造となります。

構造が強固なため、狭小地や変形地などで特殊なデザインの建物にしたいときや、広い空間をつくりたいとき、屋上庭園を造るなど荷重に耐えられる構造にしたいときなどに、重量鉄骨造の強靭さが活かされます。

重量鉄骨造は安定性があり、耐久性や耐震性にも優れていますが、建設コストは高くなります。
鉄骨自体は熱に弱いため耐火被覆が必要です。また、耐熱性も低いため、外断熱が効果的です。重量鉄骨造は特殊な構造設計となるので、対応できるメーカーが限定されます。

重量鉄骨造の利点と欠点

利点
  • 柱と柱の間の距離を、木造や鉄筋コンクリート造に比べて長く出来ることから、間取りプランの自由度が高くなる
  • 鉄筋コンクリート造と比べて工期が短く、工事金額も安くなる
  • 多層高層階の建物を計画出来る
欠点
  • 木造に比べて地中コンクリート基礎が大きくなる
  • 木造に比べて工事金額が高くなる
鉄筋コンクリート造について 鉄骨造について ハイブリッド向上事業 施工へのこだわり