建設部門

鉄筋コンクリート造(RC造)

私たちは鉄筋、鉄骨コンクリート建築を創っています、地震や災害に最も強く100年住める住宅建築です。コンクリート躯体は隙間がなく気密性が非常に高く、発砲断熱材などの断熱材を用いられたRC造住宅は、床や天井付近などの温度差が少ないのが特徴です。断熱性や気密性の高さは、冷暖房の効率に直結するため非常に高い省エネ効果が期待できます。

RC造住宅の主な材料であるコンクリートでは不燃材料です。つまりRC造住宅は、家全体が耐火構造といえるのです。RC造住宅はもちろん、防火地域にも耐火建築物として建築可能です。

RC造住宅は、外部の音エネルギーをコンクリートが遮断する為、遮音性能が非常に高くなります。180mm厚のコンクリートは、透過損失-50db以上の性能を持ちます。これは、外が交通量の多い道路(80db)でも、室内への音エネルギーの侵入を遮断するので、室内では深夜の住宅街の静けさ(30db)となります。RC造住宅は床もコンクリートな為、上下階の音を遮音する効果があります。

また、木造住宅では難しい大空間も可能で、何十帖もあるリビングやビルトインガレージなどはもちろん一階を店舗やオフィスにすることも出来ます。これら自由度の高い設計が可能なRC造住宅の大きなメリットです。

鉄骨造

鉄骨造は、鉄の靭性(材質の粘り強さ)によって強度を持たせる構造です。耐震性に優れており、価格の面で、木造よりは高く、鉄筋コンクリート造よりは安価です。工期は木造と同程度ですが、工場で材料となる鉄骨を作成するため準備期間が必要になります。

また、建物の重量が重たくなりますので、建築を計画している地盤が強固である必要があります。地盤に不安がある場合は、あらかじめ補強をして強固にしておかなければいけません。鉄骨造ですが、厚さ6mmを超える鋼材を用いる“重量鉄骨造”と厚さ6mm未満の鋼材を構造体に用いる“軽量鉄骨構造”の2つに分けられます。
それぞれの違いを見てみましょう。

重量鉄骨造について